「苦い!もう1杯!」で有名な青汁

posted by aojiru

●青汁ってなにでできてるの?

青汁の一般的な成分はTVでもよく聞く、ケールです。 ケールは緑黄色野菜の中でも特に栄養価に優れています。 三大栄養素のほかに、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているんです。 他には大麦若葉や緑茶、レモンなどさまざまな種類があります。 レモンは、青汁独特の苦味をさわやかな味わいで緩和してくれるため、飲みやすい青汁になります。 色々な種類の青汁があるので、自分に合うものを見つけてみてください!!

●青汁ってどうやって作ればいいの?

自宅で作れたら新鮮な青汁を飲めますよね? 作り方は簡単なんです! 材料となる青野菜を洗って、ミキサーですりつぶして粗い布でしぼるだけなんです。 このときに、原材料がどのように栽培されていたかを見るのも大切です。 化学薬品や農薬が大量に使用されていると、出荷時にまだ残留している可能性があるんです。 体のためにも、しっかり確認してください。 また、青野菜でもほうれん草は病気を併発するものが含まれているため、青汁には不向きです。 気をつけてくださいね? 苦味が嫌な方は、レモンや蜂蜜で酸味や甘味を足すのもいいと思います。

●青汁って体にどんな効果や効能があるの?

青汁を飲むのは体にいいからというのはよく聞きますよね?でも、どんな風に体にいいのかわからない方も多いと思います。 そこで、いくつか代表例をあげてみましょう。 まず、便秘解消です。 これは、青汁にはたくさんの食物繊維が含まれているために起こる効果です。 便秘解消のために飲み始めた方もいます。 次に、コレステロールの低下です。 青汁は悪玉コレステロール酸化させる活性酸素を除去する優れた抗酸化作用があるため、コレステロール値を下げ動脈硬化を防ぐ効果があります。 また、女性必見の美肌効果があります。 青汁に含まれる葉酸やビタミン、ミネラルにより美肌効果があるのです。 葉酸は肌の代謝をよくして、ニキビ予防やしみ、くすみの解消もできます。 また、豊富なビタミンやミネラルによってダメージケアをし、ハリやツヤのもととなるコラーゲンの生成をしています。 他にも、青汁には花粉症の予防やガン予防、アルツハイマーの予防にも効果があると言われています。

●青汁が体にいいのなら、ダイエットにも効果がある?!

青汁の原材料の青野菜には、便秘解消や新陳代謝をよくする成分が豊富に含まれているため、脂肪燃焼によるダイエット効果があります。 方法はシンプルで、毎日1回青汁を飲むだけなんです。 毎日続けることが大切なので、飲みやすいものを選ぶようにしましょう。

●青汁の他に体にいいものってないのかな?

青汁って苦くて飲みづらいというのがありますよね。 いくら、甘くしてもやっぱり抵抗がある! そんな方には、黒酢がおすすめです。 黒酢はさまざまな料理に加えることが可能で、簡単に摂取できます。 青汁と同様に肥満防止や便秘解消にも効果があります。 他にも、乳酸を除去する働きもあるため疲労回復や強い殺菌力があるので、食中毒を予防することができるのです。 また、黒酢の最大の魅力は約17種類の豊富なアミノ酸が含まれていることです。 アミノ酸の中には、体内では作ることのできない必須アミノ酸もあり、食品での摂取が必要です。 約17種類のアミノ酸を含む黒酢は健康の源と言われています。

マンスリーマンション 川崎

SEO

不動産担保ローン

RMT

新居浜 賃貸

コンテンツ

トップページ